自動巻き式の魅力について

自動巻きと手巻きの違い

腕時計の針を動かしているムーブメントは機械式が主流です。巻き上げたゼンマイがほどける力を利用して針を動かしている機械式は、ゼンマイを巻き上げなければなりません。この巻き上げを自動で行うのが「自動巻き」で自分でリューズを回し巻き上げるのが「手巻き」です。なぜ自動で巻き上げることが可能なのか疑問に思う人もいるかもしれません。自動巻きのシステムとしては、ムーブメントに内蔵されたローターというパーツが回転し自動でゼンマイを巻き上げるのですが、ローターは腕の日常動作によって自然に回転します。その回転によって歯車が動きゼンマイを巻き上げてくれるのです。したがって、着用時間が短いと自動巻きとは言え手巻きをする必要があります。

自動巻き式の魅力はここ

自動巻き式の魅力としては、やはり毎日手巻きをする必要がないということでしょう。毎日リューズを巻くのは面倒くさいと感じる人も多いですが、自動巻きであれば煩わしい手巻きから開放されるのです。また、腕時計はファッション的な要素もありますが、時間を正確に示すということが大切です。自動巻きは着用していれば常にゼンマイが巻き足されるということになりますので、手巻きの腕時計よりも精度が安定する傾向にあります。手巻きはリューズを回してからゼンマイはほどけるだけなので、精度はどんどん下がっていきます。時間を正確に知りたいという人にとっては大きな魅力と言えるでしょう。また、自動巻きは現在の主流なので、自分の好みのものを見つけやすいのも魅力です。